東京と長野県間の引越し どのくらいの予算が必要?

ここでは、東京⇔長野間の引越しを少しでも安くするための方法について
見ていきます。
まず事前に知っておきたいのが、旧住所と新住所間の距離です。
引越し料金の算定に強い影響を及ぼすからです。

 

参考までに、代表的な都市間の距離を掲載します。

 

日本橋⇔長野市244km
新宿区⇔松本市221km
豊島区池袋⇔大町市256km
渋谷区⇔上田市200km
千代田区⇔佐久市183km
奥多摩町⇔信濃町394km
府中市⇔飯田市243km
西東京市⇔木曽町239km
福生市⇔天龍村273km

 

180〜300km弱と、その距離にはある程度開きがあります。標準的な東京と長野県間の引越し料金に対して、距離の分で数千円〜数万円くらい金額が異なってくるのです。

 

以下に目安としての価格を見てみましょう。
東京−長野県間の引越しでは

  • 一人暮らしを予定されている方で5〜15万円くらい
  • 二人世帯で8〜25万円ほど
  • 4人家族で12〜35万円
  • 3世代住宅に越すようなケースで25万円以上

が目安と考えられます。ですが、もちろんこれは平均的な基準であって目安に過ぎないと認識してください。
引越しは言ってみればオーダーメイドですから、荷物量などによって引越し業者の請求金額は個々の状況で一定金額ではないことを認識しましょう。

 

特に春の進学、就職、転勤の時期(3月から4月上旬)は1年中で段違いに業者に仕事の依頼が舞い込むシーズンとなります。
それこそ業者の手配が付かないほどにです。

 

この繁忙期には業者が多少の値上げをしたところで、それが理由で引越しをヤメるという人はいないのですから、ちゃっかりと足元を見られることになります。

 

春に東京−長野県間の引越しをしなければならない方は、とにかく早めの業者の手配をするように心掛けましょう。

 

遅くなってしまうと、業者の言い値で引越しをせざるを得ない事態になりかねませんので。。。

 

週末に引っ越しをする場合、平日と比較すると値上がりします。お休みが土日という方は多いので、引っ越す人が多いのも道理です。その中でも、土曜の方が日曜と比べて割高です。土曜は引越し、そして日曜日は片づけを…と希望する人が多数いるためです。土日引越が避けられないのなら、日曜に依頼してみましょう。

 

金額の上昇を少しでも抑えるためにも、【無料一括見積もりサイト】を積極的に利用しましょう!!!

【無料一括見積もりサイト】の利用はとってもおトク!

今、利用者数を急激に増やしている【無料一括見積もりサイト】
一体何故多くの人に利用されているのでしょうか。
それは、電話や業者の公式サイトから1件1件依頼するのに比べても、

 

●一件一件依頼する手間がかからない!
●24時間365日受付!
●イロイロな業者の見積もり金額をカンタンに知ることができる!

 

といった多くのメリットがあるからです☆d(o⌒∇⌒o)b ★イエーイ★ d(o⌒∇⌒o)b☆

 

 

☆☆東京⇔長野県の引越しで最安料金はいくらなのか ご存知ですか? >>> Click!!

 

中小の業者に引っ越しをお願いするとき、有名な引越し業者より質的には譲るところもあるでしょうが、少々の無茶なら通してくれるかもしれません。忙しい時期でも、大手程の値上がり幅ではありません。企業ということで信頼することもできますし、値下げしてほしい人には適しています。

 

 

【無料一括見積もりサイト】で安くて信頼できる業者を選ぼう!

大都会東京、雪国長野。どちらに引越すとしても、新しい環境に慣れるのは大変だと思います。
そうすると、大なり小なりどうしてもストレスがたまります。

 

その前段階である引越し作業のときから、不要なストレスをためる必要はありません。
無料一括見積もりは、そのストレスを可能な限り取り除く一つの手段であると思います。

 

「荷物が多くて入力するのめんどくさい!」「どの業者から見積もりが来るのか
わからないのが不安…」といった気になる部分もあるかもしれません。
ですが、利用は無料です!!せっかくの機会なのですから、ぜひ利用して
みましょう^^

 

仕事や学業、家事等で忙しい現代人にとって、「作業時間の短縮」ができることは
とても良いことです。

 

【無料一括見積もりサイト】という便利なサイトがせっかくあるのですから賢く使い、ストレスフリーな引越しができるようにしましょう!!

 

 

 

 

 

 

 

引越しの方式には混載便やチャーター便なる方式もあり、これらは違う特徴を持ちます。

 

遠距離の引越しにオススメしたい「混載便」とは、同じ方面へ引っ越す人達の荷物を、とりまとめてトラックもしくはコンテナで運ぶサービスです。

 

「チャーター便」とは、混載便とは逆に1つの世帯の荷物をトラックに載せて最初から最後まで運搬するプランのことです。

 

引越し屋さんの長距離用トラックは、隙間なく荷物が積み込まれているものだということはありません。

 

実のところ、30%から50%程度余剰空間が出るときも多いのです。
せっかくの空きスペースを無駄なく使うべく考案された引越し方式、その名を「混載便」サービスといいます。
トラックの容量を使い切るのではなく、2分の1〜3分の1くらいのスペースをレンタルしますので、それだけ代金を抑えられます。

 

以前、料金が安くて有名な業者に遠距離引越しを頼みましたが、その際「荷物の到着まで早くて2日、遅いと1か月ほどかかる場合があります」と説明がありました。タイムラグ発生の理由は、混載便のトラックもしくはコンテナが満杯になり次第運び始めるからだと聞きました。そのときはどうなったのかというと、約3日で荷物が来たので問題なかったのですが。具体的な引越しの仕方にはいろいろありますが、混載便もしくはチャーター便を利用することも1つの選択です。

 

混載便は様々な世帯の荷物を同時にトラック・コンテナ等に載せて運ぶ引越しのやり方です。対して「チャーター便」とは、載せる荷物は1世帯分のみで、引越し先まで運んでいくというものです。

 

長距離引越しを考えている方にお勧めしたいのは、同一方面の荷物を一緒にそれぞれの引越し先まで運ぶ「混載便」プランです。まず配送センターにて、似た方面に引越す人達の荷物をまとめ上げ、トラックもしくはコンテナで積荷をそれぞれの目的地まで輸送します。このようにすると、コスト削減が実現できるのです。端的に言うならば、「1台のトラックに、何人かの荷物をまとめた方が、一人あたりの料金が安くなるよね!」と、言ったところでしょうか。

 

「もう、引越しで後悔するのはイヤ」

↓東京⇔長野の引越しを【無料一括見積もりサイト】で成功させよう!!↓